御朱印帳 通販

神社やお寺でもらえる御朱印!!通販で御朱印帳を購入するなら「ほっこり堂」へ!!

最近は、神社やお寺で参拝するだけでなく仏像鑑賞やパワースポット巡り等、色々な楽しみも兼ねて訪れる方が増えています。その参拝の一つの楽しみとして注目されているのが御朱印集めです。ここでは、御朱印集めに欠かせない御朱印帳についてお届けしたいと思います。

御朱印帳について

御朱印とは?

御朱印帳 通販

御朱印とは、神社やお寺に行ってお参りをした際に、その参拝した証として授けられる印の事を言います。御朱印には、自分が参拝した神社やお寺の名前、ご本尊のお名前、参拝日等が墨で書かれます。また、それぞれの神社やお寺によって、御朱印のデザインも異なります。なので、参拝客は御朱印のデザインの違いを楽しんだり、御朱印集めをしたりしながら、色々な神社やお寺に参拝に行く方もいます。
この御朱印を神社やお寺から頂く際に必要なのが、御朱印帳です。御朱印帳は別名、納経帳(のうきょうちょう)・御宝印帳(ごほういんちょう)・集印帳(しゅういんちょう)等、色々な呼ばれ方がされています。参拝した際に、社務所や寺務所で持参した御朱印帳を開いて渡すと、そのページに御朱印を書いてもらう事ができるのです。

参拝した場所によっては、書き置きと言って既に御朱印が書かれた和紙を頂く事ができる神社やお寺もあります。書き置きを頂いた際には、固形のり等で和紙を貼り付けて保存します。このように、御朱印を神社やお寺から頂く際には、御朱印帳は必須アイテムで、大事な手帳と言えます。

御朱印のデザイン…

デザイン性がある
御朱印は、墨色と朱色のコントラストがとても綺麗で、それぞれ行く先によって個性が感じられる筆使いや押し印のデザイン性等、アートとしての側面も持っています。例えば、御朱印には古い書体文字、梵字、寺社にゆかりのある動植物等、達筆で力強い印の物に限らず、可愛いデザインやユーモラスなデザインまで、色々なバリエーションがあります。
オンリーワンのアート

同じ寺社の御朱印であっても、自分が参拝した時に書いて下さった方によっても筆跡は異なります。なので、押し方の強弱や朱墨の付き方が変わってくるので、御朱印の濃淡にも違いが出てきます。さらに、御朱印のデザインと言うのは不変的なものではく、月日が経つと変更する場合もあります。なので、神社やお寺を再び訪れた際に同じデザインの御朱印が頂けるとは限らないのです。このように、すべての御朱印と言うのは、その時のご縁で授かったオンリーワンのアートと言える貴重な印なのです。

御朱印帳 通販
海外の方からも注目されている
御朱印は日本の寺社固有の物として、その芸術的な面は海外にも広く知られています。実際に京都や鎌倉等では、外国人観光客の方が御朱印を神社やお寺で頂いている事がよくあります。本来の御朱印の目的とは少し異なりますが、頂いた御朱印をアートとして鑑賞するのも大きな魅力の一つとなっているのです。

御朱印帳の種類とは?

蛇腹式
御朱印帳 通販

神社やお寺にある御朱印帳と言うのは、大体が蛇腹式です。このタイプは、お経のように横に広げる事ができる手帳になっています。なので、今までに頂いた御朱印を広げて見る事ができたり、書き面がフラットで書きやすかったりします。
使い方は、御朱印を右のページから頂く事が基本となっています。ただし、神社やお寺によっては、1ページ目は空けておいて2ページ目から御朱印を書く場合もあります。大体、蛇腹式は両面で40~48ページ程あります。比較的、丈夫な和紙でできている手帳なので、両面に御朱印を書いてもらう事も可能です。しかし、墨が滲む場合もあるので、気になる方は片面使用がお勧めです。また、横に広がりやすいタイプになるので携帯して持ち歩く際には、御朱印帳カバーや御朱印帳を入れる袋と一緒に携帯するのが一般的です。

ブック式
御朱印の中のページが本のようになっているのがブック式です。大体、両面で60ページ程あり、広がりにくく、携帯して持ち歩く際に便利なタイプとなっています。御朱印帳を本を開くように使っていくので、薄い和紙の場合だと御朱印を見る際に、折り目が付く場合があります。また、和紙の質にもよるのですが、蛇腹式と同様、両面に御朱印を書いてもらう事も可能です。
紐綴じ式
御朱印帳の中の和紙が紐で綴じてあるのが紐綴じ式です。御朱印帳の紐を緩めてページを取り外す事ができるので、御朱印の順番を自由に入れ替えて整理する事も可能です。霊場巡りを行う場合には、御朱印に「一番礼所」「二番礼所」等と書かれるのですが、順番を間違えて後から並べ替えする事ができます。

御朱印帳の大きさとは?

御朱印帳の大きさですが、神社では11cm×16cm、寺院では12cm×18cmの御朱印帳を授与している場合が多いです。神社と寺院の御朱印の内容に関しては、神社は「奉拝」「社名」「参拝日」、寺院は「奉拝」「社名」「参拝日」「お言葉」となっています。どちらの御朱印帳が良いかは自分の好みになりますが、寺院で御朱印を書いて頂く際には書く内容が多いので、大きめの御朱印帳の方がお勧めです。
また、御朱印帳に書置きの御朱印を貼る場合も、小さい御朱印帳では御朱印を切る必要がある場合もあります。携帯して持ち歩くには小さい御朱印帳は便利ですが、大きい御朱印帳も一冊持っていると便利に活用する事ができます。

御朱印帳 通販

御朱印帳袋の種類とは?

定番の御朱印帳袋「巾着型」
御朱印帳袋の中で最も定番型は、巾着型御朱印帳袋です。神社仏閣等でも販売されている事が多いタイプです。
レトロモダンな「がま口型」
巾着型のように袋の出し入れ口がギュっとなるタイプではないので、御朱印帳が折れたり丸まったりする事がありません。また、御朱印帳を出し入れする際にも手帳が引っかからないので、御朱印帳入れに最適な形で人気もあります。
最もきちんと感のある「袱紗型」
御朱印帳 通販

祭礼を重んじて貴重品を収納する為の袱紗型は、御朱印帳を収納する袋としても最適です。見た目にもきちんと感があるので、周りの人から見ても御朱印帳を大切にしていると感じられます。

オシャレな「クラッチバッグ型」
袱紗型とも形は似ていますが、クラッチバッグ型の方がカジュアル感のある御朱印帳袋になります。マチがあるタイプであれば御朱印帳を数冊まとめて携帯することもできます。
旅行に便利な「肩掛け袋型」

今流行りの「御朱印ガール」に肩掛け袋型は人気があります。階段や坂等が多い神社やお寺でも、大きな荷物は預けて肩掛け袋一つで散策を満喫する事ができます。

御朱印帳 通販
出し入れしやすい「トートバッグ型」
トートバッグ型は、持ち手付きなので携帯して持ち歩く際にとても便利です。御朱印帳も数冊入れる事も可能で、出し入れの際も簡単です。また、御朱印帳の他にも携帯やお財布等も一緒にまとめて持参できるので人気があります。

このように…

御朱印帳御袋には色々なタイプの袋があります。朱印帳を必ずしも御朱印帳袋に入れなければならないと言う事ではありませんが、御朱印はとても有難いものです。御朱印帳に傷や汚れが付いてしまわないように、やはり取り扱いは丁寧にしたいものです。それに、御朱印帳は和紙でできているので水濡れにも注意が必要です。決まりはなくても、御朱印帳と一緒に袋を準備して、丁寧に保管していく事は大切です。

御朱印帳の使い分け方法とは?

神社とお寺で使い分ける
御朱印帳 通販

最もメジャーな分け方として、神社とお寺で使い分ける方法です。御朱印の由来も、神社とお寺では別物であると考える方もいます。なので、御朱印帳を持って言った際に「ここにお書きする事はできない」と断られる場合もあります。

霊場で使い分ける
霊場とは、神仏ゆかりの社寺や神聖視される場所の事を言います。霊場によっては、専用の御朱印帳が用意されている所もあります。また、専用御朱印帳がない場合であっても、使い分けている方もいます。
地域や都道府県で使い分ける
県外へ旅行に行く際には、その県専用の御朱印帳を新しく持参する方も少なくありません。厳密に使い分ける必要もありませんが、地域ごとに見て鑑賞できる楽しみもあります。
御祭神や御本尊で使い分ける
御祭神や御本尊によって使い分けている方もいます。特定の御祭神や御本尊に信仰心を持って参拝巡りを行う場合、専用御朱印帳で揃えておくのもお勧めです。

御朱印帳 通販オシャレな御朱印帳を通販でチェック